うつ病ってどんな病気?症状は?3つの変化に要注意

うつ病ってどんな病気?のアイキャッチうつ病
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

うつ病はこころの風邪?

ななころ
ななころ

やおこさん、うつ病ってどんなイメージ持ってる?

やおこ
やおこ

仕事や介護、育児などで疲れ果てた人がなりやすいって感じがします。繊細で気弱な人がなりそうなイメージ!

ななころ
ななころ

そうだね、そういうイメージはよく聞くよね。では、どんな病気か知ってる?

やおこ
やおこ

鬱々して気力がなくなるこころの病気ですよね。よく「こころの風邪」って聞きます。

ななころ
ななころ

じゃあ、厚生労働省が掲載しているうつ病の定義を見てみようか。

うつ病は、一言で説明するのはたいへん難しい病気ですが、脳のエネルギーが欠乏した状態であり、それによって憂うつな気分やさまざまな意欲(食欲、睡眠欲、性欲など)の低下といった心理的症状が続くだけでなく、さまざまな身体的な自覚症状を伴うことも珍しくありません。つまり、エネルギーの欠乏により、脳というシステム全体のトラブルが生じてしまっている状態と考えることもできます。 私たちには自然治癒力という素晴らしい機能が備わっていて、通常はさまざまな不具合を回復へ導いてくれます。私たちは日常生活の中で、時折憂うつな気分を味わいます。不快な出来事によって食欲が落ちることもあります。しかし、脳のエネルギーが欠乏していなければ、自然治癒力によって、時間の経過とともに元気になるのが通常です。時間の経過とともに改善しない、あるいは悪化する場合には生活への支障が大きくなり、「病気」としてとらえることになります。そのため、仕事・家事・勉強など本来の社会的機能がうまく働かなくなり、また人との交際や趣味など日常生活全般にも支障を来すようになります。

出典:厚生労働省 こころの耳 (1)うつ病とは

やおこ
やおこ

えっ、脳に関係してるんですか!?

ななころ
ななころ

うん。簡単にいうと、脳内の神経伝達物質が不足している状態のことだね。

やおこ
やおこ

しかも、身体的な症状もあるって・・・。

ななころ
ななころ

人によって個人差があるけど、様々な身体の症状が出る人もいるみたいだね。なので、けっこう勘違いされやすい病気だったりもするよ。また、他のメンタル疾患を併発したり変化したりすることもあるので、ちゃんと治療することが大切だね。

うつ病はこころの風邪ではない

うつ病に対する偏見やイメージを変えようと、誰でもかかる一般的なメンタル疾患として啓蒙されたのが背景のようですが、実際に経験した身なので断言できますが、そんなものではありません。早期治療できたとしても数週間~数ヶ月の治療期間が必要ですし、何より症状が全く異なります。負のイメージ払拭には成功したかもしれませんが、別の意味で簡単に治るという誤解が生まれてしまってる気がします。

うつ病は脳内の神経伝達物質が不足している状態です。人によっては、身体的症状も出る方もいます。また他のメンタル疾患を併発したり変化したりすることがあるので、慎重に治療することが大切です。また、うつ病はなりやすい性格というのはあるようですが、誰でもなりうる可能性があります。自分は大丈夫だろうと思っている人が案外なったりします。甘く見ることなく、少しでも不安になったら、まずは、かかりつけ医に相談してみましょう。

うつ病の症状や初期サインを見逃さないようにしよう

やおこ
やおこ

うつ病って気付くにはどんな症状が出るの?自分じゃなかなか気付けないよね?

ななころ
ななころ

そうなんだよね。特に初期発症のときは、単にストレスが溜まってるとかで、なかなか病院へ足を運ぶことは難しいんだよね。

やおこ
やおこ

なんかうつ病のサインみたいなのはないの?

ななころ
ななころ

人によってそれぞれだけど、サインはあるよ。ちょっと見てみようか。

うつのサインには3つの変化がある

1.身体面での変化

  • 身体が重い、だるいなどの倦怠感がある
  • 頭痛や腹痛などの身体の痛みがある
  • 動機やめまい、吐き気、下痢、肩こりなどがある

2.精神面の変化

  • 気分が鬱々する
  • 不安でしかたない
  • イライラする
  • 消えたいという気持ちがある

3.行動面での変化

  • 遅刻や欠勤が増えた
  • 身支度(髪や服装)がきちんとできなくなった
  • 今まで好きだったことが楽しくなくなった
  • 仕事や家事でちょっとしたミスが増えた
  • 口数が減った
これはあくまでも一例ですので、人によってサインは人それぞれです
やおこ
やおこ

精神面での変化はわかるけど、身体や行動にも変化があるのね。

ななころ
ななころ

そうなんだ。だから、本人が気付けなくても上司や同僚、家族が気付いてあげられることもあるね。

次のページでは私の体験に基づいてお話します。

コメントをどうぞ

タイトルとURLをコピーしました