青いブレスレット運動って知ってる?ネット生まれの運動、色で意味が変わる

青いブレスレット運動って知ってる?のアイキャッチ話題のネタ
この記事は約4分で読めます。

青いブレスレット運動とは

やおこ
やおこ

SNSをしてると手首に青いブレスレットしてる写真をよく見るの。知ってる?

ななころ
ななころ

それは「青いブレスレット運動」だね。前からずっと気になってたんだよね。というわけで、調べてみたよ。

青いブレスレット運動はネット発祥

青いブレスレット運動という言葉を調べたところ、Googleトレンド(過去の検索件数を調べるサービス)の検索件数を見ると、2013年から検索されるようになり、その後は継続的に検索されています。さらに、Googleで一番古い情報を調べたところ、2012年5月12日が現在最も古い情報です。

やおこ
やおこ

ということは、2012年に生まれた言葉なのかな?

ななころ
ななころ

調べたかぎりでは、ある個人がインターネットを通して呼びかけた運動みたいだね。それに賛同した人たちがSNSやブログを通して広がっていったみたいです。

この運動は現在はツイッターに場所を移して最も活発化しているようです。ハッシュタグで「#青いブレスレット運動」という言葉も生まれています。さかのぼってみたら、2014年7月28日が最初のツイートでした。

情報はさまざまあるのですが、提唱した方の情報やオリジナルのデータはすでに削除されているようで見つかりませんでした。

青いブレスレットの意味

提唱した方の情報を引用したかったのですが、オリジナルデータが見つからなかったため、私なりにまとめた情報を載せます。最初の提唱と今は若干意味合いが変わっている部分もあるため、いま現在のものにしています。

  • 自分や大切な人が自傷行為している(または過去にしていた)
  • 青いものならブレスレットでなくても構わない(ヘアゴム、ミサンガ、腕時計でもOK)
  • 付ける意味は「一人じゃない
  • 右手でも左手でもOK
  • 同じ色のブレスレットを付けることで味方という意味
ななころ
ななころ

簡単にまとめるとこのような運動です。

やおこ
やおこ

なるほど。同じ色のものを付けることで、「私は一人じゃない」という味方になるんだね。

ななころ
ななころ

この運動の興味深いところは、個人が提案したところと、それがインターネットを通して日本中に広がったところだね。

他にもある色んな種類のブレスレット運動

他にもある色んなブレスレット運動(黒い、赤い、オレンジ、緑)

ななころ
ななころ

青いブレスレット運動は知ってたんだけどね。調べていくうちに他にもいろんな色のブレスレット運動があるって知ったんだよ。

やおこ
やおこ

え、どんなの?どんなの?

黒いブレスレット運動

  • 現在、自傷行為をしている
  • 付ける意味は「思うようにやればいい

赤いブレスレット運動

  • 現在、自傷行為をしている
  • 付ける意味は「負けないで・諦めないで

オレンジブレスレット運動

  • 起立性調節障害(OD:Orthostatic Dysregulation)で悩んでいる
  • 付ける意味は「健康・活気

緑のブレスレット運動

  • 過敏性腸症候群(IBS:Irritable Bowel Syndrome)で悩んでいる
  • 付ける意味は「安らぎ
やおこ
やおこ

色によって意味合いが変わってくるのね。

ななころ
ななころ

本人はもちろん、応援したい人が付ける場合も多いみたいだよ。

自傷行為について触れていますが助長しているわけではありません。「支える・支えられる」という前向きな気持ちで運動をしていると私は解釈しています。
色による意味合いという意味では国際的にリボン運動(アウェアネス・リボン)があります。こちらは、つける意味合いが更に広がります。

青いブレスレット運動って知ってる?ネット生まれの運動、色で意味が変わるのまとめ

青いブレスレット運動って知ってる?のまとめ

ブレスレット運動については、さまざまな病気で苦しんでいる人と支える人のしるしです。現代ならではのインターネット生まれで運動もインターネット中心というのが興味深いですね。法的な制度ではありませんが、付けることでこころが勇気づけられる人は、賛同してみてはいかがでしょうか。

話題のネタ
スポンサーリンク
この記事を書いた人
ななころ

詳しく
うつ病15年のアラフォーです。
人生、七転ななころ八起やおき。転んでもタダでは起きません。

自分を変えれば、世界が変わる。ただいま人生の歩み方模索中

\ ぜひフォローしてね /
\ ブログランキングに参加中です /
 
\ この記事を誰かに伝える /
うつと友に | うつ病お役立ち体験談ブログ

お気軽に感想をどうぞ