もっと広まってほしい、助け合いヘルプマーク

もっと広まってほしい、ヘルプマークのアイキャッチ役に立つ制度
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

ヘルプマークって知ってる?

ななころ
ななころ

ねぇ、ヘルプマークって知ってる?

やおこ
やおこ

最近、電車の優先席の窓に貼られてるのを見たわ。でもあれってなんの助け(ヘルプ)を求めてる人なのか実は知らないです…。

ななころ
ななころ

実は私も詳しくは知らなくて、SNSの人たちが徐々に持ち始めているのを知ったのをきっかけに調べてみたんだよ。

ヘルプマークとは

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。
ヘルプマークの配布や優先席へのステッカー標示等を、平成24年10月から都営地下鉄大江戸線で、平成25年7月から全ての都営地下鉄、都営バス、都電荒川線、日暮里・舎人ライナーで開始し、さらに、平成26年7月からゆりかもめ、多摩モノレール、平成28年12月から、都立病院、公益財団法人東京都保健医療公社の病院へと拡大して実施しています。
また、平成26年7月から民間企業への働きかけも実施しています。
ヘルプマークを身に着けた方を見かけた場合は、電車・バス内で席をゆずる、困っているようであれば声をかける等、思いやりのある行動をお願いします。

出典: 東京都福祉保健局 ヘルプマーク

やおこ
やおこ

東京都の鉄道会社から始まった施策なのね。

ななころ
ななころ

私もてっきり国の施策かと思っていたんだけど、東京の都営地下鉄から始まったんだね。

ヘルプマークを持つことの良い点

電車やバスなどで席を譲るためのマークに思われがちですが、実は裏面に記入用シートのメモを書く欄があります。そこに、このマークをつけている理由であったり「困った時にこうしてほしい」「緊急連絡先」などを書くことができます。例えば、突然うずくまってつらそうなとき災害時等で避難所で困っていたときなどメモに書いてある内容を読むことで、役に立つことが考えられます。外観では目に見えない理由の場合は、そういう情報がきちんと明記されていると、手を差し伸べる側もわかりやすいですね。

ヘルプマークは今では全国的に広まりつつある

平成24年(2012年)に始まった施策ですが、現在では全国的に広まりつつあります。配布場所もこの記事を書いている段階では全1道2府37県まで拡大していて、今後は更に拡大が予想されています。

ヘルプマークを持つための条件はあるのでしょうか

ヘルプマークの配布を受けるのに障害者手帳や医師の診断書は不要なので、自己申告になります。身体的な理由の方だけでなく、メンタル疾患(例えば、ここではうつ病)であっても、電車やバスなどで優先席に座ることが必要な状態の方はつけてもよいのです。

HSPの人は持ってもいいのでしょうか

HSPは性格であり、日本人の5人に1人の割合です。しかし、HSPにも様々なタイプやレベルが存在します。電車やバスなどの人が多い場所で敏感にこころが反応してしまい、立っているのも難しい人もいます。それが「援助が配慮が必要な状態」ならば持っても良いと思います。

ヘルプマークの配布場所はどこでしょうか

これは自治体によって異なります。役所で配布されている場合や鉄道会社で配布されている場合もありますので、事前に調べておくといいでしょう。また住んでいる場所の都合で手に入らない場合は、自作しても良いようです。その際は、「東京都福祉保健局 ヘルプマーク作成・活用ガイドライン」に沿って、ルールを守る必要があります。

ヘルプマークの認知度はまだまだ低いのが現状

マタニティマーク(妊婦さんのつけるマーク)は、実感的にだいぶ認知度は浸透してきてきましたが、ヘルプマークに関してはまだまだ認知度が低いように思えます。実際、私も今回調べるまで、対象者や配布場所を知らなかったわけですからね。これに関しては国や自治体の啓蒙活動にも期待しますが、皆さん一人ひとりが情報のアンテナを高くしておく気持ちが大切ですね。

ヘルプマークの注意点

ヘルプマークは見た目ではわかりにくいけど援助や配慮が必要な方がつけるものですが、このマークに強制力はありません。ですので、譲ってくれる方の善意には感謝したいものです。マークの意味を知らない方がまだ多い中で気付いてもらえないこともありますからね。また、入手しづらいからといって自作したものを販売するのは禁止されています。あくまでご自分用に作成して下さい。

ヘルプマークが悪用される例もしばしば

ヘルプマークの条件は自己申告なので、健常者が入手することもできます。それを逆手にとって、電車やバスの優先席に座りたいからという理由で悪用するケースもあるようです。こういう事例は本当に迷惑ですね。一部の心無い人が悪用することで、大多数の必要な方まで白い目で見られる心配があります。これはヘルプマークの今後の課題だと思います。

助けてあげたい人に知ってほしいマーク

サポートハートマーク

ヘルプマークを付けている方を助けてあげたいという方にぜひ知ってほしいものがあります。それが「サポートハートマーク」です。簡単にいうと、「必要な方は助けますよ」という意思表示をするものです。サポートハートプロジェクトの公式サイトから購入することができます。公式キーホルダーは200円(非課税・送料別)です。デザインデータをダウンロードすることもできるので、それをカラー印刷すれば手作りキーホルダーでもっと安く作ることもできます。デザインデータのダウンロード規約については、公式サイトに明記されています。

話題になった逆ヘルプマーク

2019年11月にテレビやSNSで話題になった静岡県の4人の小学生が考案した「逆ヘルプマーク」。ヘルプマークが赤色なのに対して、こちらは緑色のマーク。「困っている人を助けてあげられるきっかけになれば」という気持ちで考案されてテレビや新聞に掲載されました。

素晴らしいという反響が多かったですが、課題も少なくないようです。

  • ヘルプマークとデザインが同じため著作権の問題がある
  • 色覚障害の方には赤と緑が判別しにくい
  • 同様の意味を持つサポートハートマークがすでにあるため混乱しかねない

現状では実用化には至ってはいませんが、この課題を解決すべく今も新しい案を考えているようです。こういう活動が全国的に広がっていくことは嬉しいことですね。

ヘルプマークのまとめ

ヘルプマークやサポートハートマークは人と人が助け合うための視覚的にわかりやすく素晴らしい施策だと思います。しかし、認知度がまだまだ低いのが現状です。見た目だけで席を譲ろうとして、反対に断れた…なんていう経験が皆さん一度はあるかと思います。そんな時にこのマークがサインになれば、譲る方も譲られる方もスムーズになるのではないかと期待しています。持とうか迷っている方は迷わずにつけてもいいと思います。

感想を聞かせてください

タイトルとURLをコピーしました