HSPってなに?うつ病との関連性はあるの?

HSPってなに?うつ病との関連性は?のアイキャッチ話題のネタ
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

HSPってなに?

ななころ
ななころ

ねぇ、HSPって知ってる?

やおこ
やおこ

ここ数年になって耳にすることが増えたわね。時々SNSで「わたし、HSPかも」って言ってる人を見かけるわ。

ななころ
ななころ

私はこのHSPの存在を知ったのが10年以上前なんだけど、その時はほとんど情報がなかったんだよね。ここ最近、テレビや本で取り上げられて認知度があがってきた気がするよ。

やおこ
やおこ

名前だけ知ってるけど実は詳しいことはあまり知らないの。

HSPの定義

HSPとは、Highly Sensitive Person の頭文字を略したもので、直訳すると「とても敏感な人」のことです。文献によって表現は色々ですが、「人一倍繊細な人」というのが一番しっくりきました。ちなみに、心理学用語であり、医学用語ではないので、HSPは病気ではありません。また、日本人の5人に1人はHSPとも言われています。子供の場合はHSC(Highly Sensitive Child)と呼ばれます。

私が10年以上前に主治医にHSPのことを尋ねたら、「そんな言葉は知らない」と言われました。そもそも医学用語ではないので、精神科医が知らないのもいま思えば当然かもしれません。

HSPのDOES属性

HSPはDOESという4つの性質で表されます。
一つずつ見てみましょう。ちなみに私なりの解釈と具体例で説明します

処理の深さ(Depth of processing)

物事の考え方が深く、慎重な行動をする。

  • 行動する前に入念に考えるため行動が遅い
  • 未来のシュミレーションを考えすぎてしまう

刺激を受けやすい(Overstimulated)

様々な刺激に対して過敏に反応する。

  • 人混みが多い場所でひどく疲れてしまう
  • 芸術(映画や本など)や自然に感動しやすい

感情的反応性・高度な共感性(Emotional reactivity and high Empathy)

人との関わりにおいて、感情移入しやしく、共感力が強い。

  • 相手の機嫌をうかがうことが多く体調に影響する
  • 相手に同調しやすく共感することが多い

些細な刺激に対する感受性(Sensitivity to Subtle stimuli)

五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)が鋭い。

  • ちょっとした物音や匂い、光に敏感である

HSPかどうか診断してみた

googleで「HSP 診断テスト」で検索してみました。

HSP 診断テスト
検索

すると、いくつかの診断サイトがヒットします。設問には著作権があり、また診断サイトがリンク切れになる可能性もあるため、ここに設問や診断サイトのリンクを載せることしません。興味がある方や診断してみたい方は上の検索ボタンをタップして下さい。

ちなみに私がいくつかの診断テストをしたところ、HSPの「中~高の診断結果」が出ました。自分でも自覚していますが、行動前の計画は人一倍しますし、人混みが苦手です。また他人に対して顔色をうかがうことばかりしているので、会社での対人関係にはすごい疲れます…。

HSPとうつ病との関連性はあるのか

HSPは性格であり病気ではありません。しかし、繊細すぎる人は疲れやすいのも事実です。調べてみたところ、HSPの数値が高い人は、うつ病になりやすい傾向にあるとの指摘を見つけました。うつ病は誰でもなり得るメンタル疾患ですが、うつ病になりやすいタイプというのは存在します。もし診断テストでHSP傾向が高めの人は、自分自身をよく知り、自分の性格とうまく付き合っていければいいと思います。

HSPって結局のところ(まとめ)

HSPはその人の生まれ持った性格だと思っています。別に繊細なことが悪いわけでもないですし、裏を返せば細かいことにも気付ける良い面でもあるといえます。ただ、この繊細すぎることで生きづらいと感じることも多々あるわけで、それが社会生活に支障が出てしまう場合は自分との付き合い方を知る必要がありますね。

HSPであっても悲観的になる必要はないと個人的には思っています。診断テストで高めの数値が出ても、それが自分の性格なんだと気付けば良いだけです。もし、この記事を読んで不安になってしまった方は、下の関連記事を読んでみて下さい。

感想を聞かせてください

タイトルとURLをコピーしました