テレワークはうつ病にどう影響するのか?

テレワークはうつ病にどう影響するのか?のアイキャッチ話題のネタ
この記事は約6分で読めます。

テレワークとは何か?

やおこ
やおこ

「テレワーク」って言葉が最近よく耳にするようになったよね。

ななころ
ななころ

前々から言葉自体はあったけど、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のコロナ禍で一気に加速したよね。

やおこ
やおこ

評判はいろいろ聞くけど、良い意見が多い気がするわ。

ななころ
ななころ

そうだね。ここではテレワークがうつ病にどういう影響を与えるか考えてみよう。まずは定義や背景からね。

テレワークの定義ってなに?

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

※「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

出典:一般社団法人 日本テレワーク協会 テレワークとは

やおこ
やおこ

リモートワークや在宅勤務とは何が違うの?

リモートワーク、在宅勤務との違い

リモートワーク(remotework)は、remote(遠隔)とwork(働く)の二つが合わさってできた造語で、意味はテレワークとほぼ同じです。テレワークが1970年代から使われるようになったのに比べて、リモートワークという呼称は作られて歴史が浅いです。

また、在宅勤務は名前の通り自宅で働くことを指していて、場所が自宅である場合に呼びます。一方、テレワークの場所は自宅に限定されていないので、移動中やレンタルオフィスなどの場所も含まれます。

テレワーク導入の背景や歴史は?

1970年代にアメリカで交通混雑緩和や環境問題(車通勤による排気ガス)などがきっかけで始まりました。その後、他の国でも同様に取り組みが進み、日本では1984年にNECが最初に導入したと言われています。

やおこ
やおこ

ずいぶん歴史が長いのね。

テレワークが進んだ背景

テレワークの目的は、通勤にかかる社員の負担や企業のコスト負担、環境問題、勤務形態の多様化など様々です。日本での導入企業も緩やかな増加傾向にあります。総務省の調査によると、2012年に11.5%であったのが、2018年では19.1%まで増加しています。

そして、2020年に新型コロナウイルス感染症、COVID-19(以下、新型コロナ)の拡大感染防止のため、一気にテレワークの推進が加速しました。東京都に限定すると、2020年4月には導入率は62.7%です。

やおこ
やおこ

コロナ禍がきっかけで加速したのはうなづけるわ。

テレワークのメリットとデメリット

テレワークのメリットとデメリット

テレワークの背景や目的を見ると、企業や従業員に良いことばかりに思えますが、メリットとデメリットの両方があります。

テレワークのメリット

企業のメリット

  1. 離職率をおさえることができる
    • 出産後の育児や介護、病気療養などの社員が離職せずに人材の確保が可能になる
  2. 非常時に事業を継続できる
    • 新型コロナだけでなく、地震や台風などの災害時でも事業の継続が可能になる
  3. コストが削減できる
    • オフィスの場所代や紙書類(購入や印刷、保管スペース)コストが削減できる
    • 離職率の低下で新規採用や教育にかかるコストが削減できる
    • 通勤手当が削減できる

社員のメリット

  1. 出産後の育児や介護、怪我や病気療養(通勤困難者)でも働き続けることが可能になる
  2. 仕事と家事の両立(ワークライフバランス)ができる
  3. 通勤が不要になる
    • 通勤ストレスがなくなる
    • 通勤時間を仕事や家事、趣味に使うことができる
ななころ
ななころ

他にもいろんなメリットが考えられるけど、大きく分けるとこんな感じです。

やおこ
やおこ

最高じゃない!特に満員電車からの解放は嬉しいわ!

ななころ
ななころ

でもね、メリットばかりじゃないんだ。

テレワークのデメリット

企業のデメリット

  1. 勤怠管理が煩雑化する
    • 働いた時間をどのように把握するか
  2. セキュリティ管理の問題
    • 端末の紛失や画面のぞき見による情報漏洩リスク
    • 公共Wi-Fiでのウイルス感染リスク
  3. 対面コミュニケーションが少なくなる
    • 社員同士のコミュニケーションが少なくることで情報共有がスムーズにできない

社員のデメリット

  1. 就業時間の自己管理が難しい
    • 働く時間を自分で管理する必要がある
    • 長時間労働や昼夜逆転生活の懸念
  2. コミュニケーション不足
    • 対面でのコミュニケーションが少なくなる
    • 孤独感や不安を感じて、ストレス要因になり得る
  3. IT端末を使った業種、仕事に限定される
  4. 運動不足になりがちになる
やおこ
やおこ

デメリットも少なくないのね。

ななころ
ななころ

勤怠管理やセキュリティ管理はシステム導入で対応できるけど、コミュニケーション不足や運動不足、ストレスはテレワーク特有の問題と言えるね。

テレワークとうつ病の関係性は?

テレワークとうつ病の関係性は?

ななころ
ななころ

ここからは、私の考察となります。

今後はテレワークが浸透すると推測

テレワークにはメリットとデメリットの両方が存在します。人によってはメリットの方が大きく感じ、また全く逆の人もいるでしょう。いま現在、テレワークをしている社員による、あるアンケート結果によれば、コロナ禍が終わっても、テレワークを続けたいという意見が過半数を超えています。実際にテレワークを導入してみて、企業側も業績や削減コストによってはテレワークを継続していくのではないかと私は推測しています。

働き方改革関連法が2019年4月に施行されて、国は企業と社員の働き方の多様化、仕事と家事の両立(ワークライフバランス)を推進してきました。その中での今回のテレワークの加速は追い風になると思います。

うつ病などのメンタル疾患を抱える人への影響は?

テレワークのメリットに、病気療養による離職をおさえることができることがあります。うつ病の症状が重い状態(急性期)の場合は治療に専念する必要がありますが、寛解して職場復帰をしたあとの働き方の選択肢の1つとして、テレワークが加われば、それは働き方の1つになり得ると分析しています。

特に勤務地までの通勤が心身負担になる人や自宅での個人勤務の方が作業に集中できる人にとってはテレワークは向いています。

テレワークによるうつ病(テレワークうつ)が増えるのでは?

テレワークのデメリットに孤独感や不安、運動不足があります。いまメンタル疾患を抱えていない人が職場環境や人間関係の変化、運動不足が原因でうつ病(テレワークうつ)の発症が増えるのではないかという声もあります。また寛解した人が再発する心配もあります。テレワークうつの対策は企業と社員の今後の課題になります。

自宅での個人勤務に集中できない人や対面でのコミュニケーションを重視している人にはテレワークは向いていません。

テレワークはうつ病にどう影響するのか?のまとめ

テレワークはうつ病にどう影響するのか?のまとめ

テレワークという働き方が勤務形態の1つの選択肢として増えるのは良いことです。企業にも社員にもメリットは多く存在します。しかし、デメリットがあるのも無視できません。コロナ禍が終息した後には、新しい生活様式が定着すると言われています。働き方も同様です。どういう働き方が自分に合っているのか、今まで通り職場に通勤して勤務するか、テレワークをするかの選択肢を選べる時代が来ているのかもしれません。

お気軽に感想をどうぞ